リミット、ストップの関係 - FX MT4で鉄板トレード、FX&仮想通貨

    リミット、ストップの関係

    ■□■→ ユーロドルで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
    ■まずはマニュアルをお読みください。


    リミットとストップの比率は、1:1内が原則です。

    リミットが50pipsであれば、ZigZagによるストップが50以上あればエントリーは見送りです。

    リミットが50だからストップも50、という訳ではありません。

    エントリーポイントからZigZagを見て、ストップ幅を確認します。

    それが50pips以内であればエントリーとなります。


    ユーロドルの場合

    1分足のリミットは40pips、ZigZagによるストップ幅は最大でも40pips以内でなければなりません。

    この関連性をよく理解して、リミット、ストップ設定をしてください。


    例えば、大きく下げてからあまり時間を空けずに買いサインが出る場合は、V字回復のパターンが多いことがわかると思います。ZigZagによるストップ幅も広い場合が多いです。

    大きく下げたからと言って、大事なルールを見落とすと、高値掴みになってしまいます。


    ZigZagによるストップ幅確認とは、それほど重要だと言えます。

    特にポンド円は荒い動きが多々ありますが、ストップ幅をしっかり確認している方々からの成果報告メールは大変大きな内容です。


    自動でレジスタンス、サポートラインを引くインジケーターを使い始めて間がない方は、表示しているZigZagのパラメーターと同じ数値になっているかだけ確認して可動させてください。



    FX人気ブログランキング← 参考になりましたら、クリックお願いします。


      このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

    にほんブログ村 為替日記← 参考になりましたら、クリックお願いします。

    FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://fx5candle.com/tb.php/119-68d4396e

    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX MT4で鉄板トレード、FX&仮想通貨 All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。