スキャルをされる場合 - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    スキャルをされる場合

     RSSリーダーで購読する



    ■□■→ ユーロドルで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
    ■まずはマニュアルをお読みください。



    新ラインブレイクツール バージョンアップのご案内

    既に新ラインブレイクツールをお持ちの方には随時メールでお送りします。

    まだ登録していない方はご登録お願いします。

    振り込んだ時のお名前、メールアドレスを記載してください。

    https://39auto.biz/fxkuma55/touroku/entryform3.htm

    ※登録は1回だけお願いします。ご確認後、発送しますのでしばらくお待ちください。


    よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

    ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。

    個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。

    システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。

    ----------------------------------------------------------------------------------

    スキャルをしている方は、レジスタンス、サポートライン抜けのタイミングだけを見ていると思います。

    これからスキャルをマスターしてみたい!という方は、いきなり目視でエントリー判断をするのは至難の技です。

    その場合は、平均足を抜いたルールで試してください。

    Heiken_Ashi_Switch  エントリールールの平均足を使うかどうかのスイッチです。
    true で使用し、false で使用しません。

    これをfalseに設定すると、平均足を入れないルールになります。

    スキャルの場合でも、ZigZagによるストップ幅はルールに入れることをお勧めします。


    ZigZag設定とbrakのインジケーター(手動でラインを引いて、抜ければアラート)で、スキャルを実践し、成果を上げている方が多数います。

    その方々が新ラインブレイクツールで、より目視判断を減らしながら、楽なエントリーに絞った上で通貨ペアを増やす、という流れで高い実績を継続中です。


    スキャルと言っても、ZigZagによるラインを引くルールでは、日に何十回もトレードするようなものではないことはおわかりかと思います。

    平均足というフィルターを抜くことで、スキャル的な裁量トレードも可能になる、ということです。

    何から始めていいかわからない。という方もいますが、ルールをよく整理してください。多くはありません。
    たった三つです。

    ①売買サインでトレードする。(ストップ幅考慮したルールを入れる)

    ②ラインブレイクルールでトレードする。

    ③売買サインをフィルターにして、ラインブレイクトレードをする。



    どれがいいのか?ではなく、どれがご自身に合うか?を基準にしてください。

    どれがいいのか?のご回答は、どれもいいです。

    そのためには、デモでしっかり検証することです。


    検証してわかることは、売買サインルールだけでは退屈である、ということ。ZigZagによるラインブレイクは再現性が高いことがわかる、ということ。それを続けると、もしかするとスキャルもできるようになるのではないか、と思うことです。

    それらを体感して、どのルールを柱にするかを決める順序になります。

    早く成果を上げたい気持ちが強ければ強いほど、じっくりとデモ検証に時間を作ってください。


    FX人気ブログランキング← 参考になりましたら、クリックお願いします。


      このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

    にほんブログ村 為替日記← 参考になりましたら、クリックお願いします。

    FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。



    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。