2012年はスキャルピングでスキルアップ! - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    2012年はスキャルピングでスキルアップ!

    ■□■→ ユーロドルで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
    ■まずはマニュアルをお読みください。


    -----------------------------------------------------
    最新ラインブレイクツール バージョンアップ(ver3)のご案内

    既に最新ラインブレイクツール(ver3)をお持ちの方には随時メールでお送りします。

    まだ登録していない方はご登録お願いします。

    振り込んだ時のお名前、メールアドレスを記載してください。

    https://39auto.biz/fxkuma55/touroku/entryform3.htm

    ※登録は1回だけお願いします。

    -----------------------------------------------------
    ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
    http://fxtrader.main.jp/break.pdf

    左クリックで対象を保存を選択してください。
    -----------------------------------------------------
    にほんブログ村 為替日記← いつもありがとうございます。クリックお願いします。


    明けましておめでとうございます。

    本年もどうぞよろしくお願いします。




    ラインブレイクツールを使いながら、苦手だった「スキャルピング」に挑戦している方が激増しています。

    特にラインブレイクツールに慣れ、2,3ヶ月経ってから、スキャルに関してのお問い合わせをされる方が多いようです。


    一つ一つ段階的に検証しましょう。



    まず、5分足(通貨はどれでも可)でZigZagを「10,5,3」に設定してください。


    ZigZagの山谷が自然に増えましたね。


    ラインブレイクツール(ver3)を稼動させて欲しいのですが、市場が開くまで待ってください。


    それまでは、過去チャートで手動でレジスタンス、サポートを引きながら、その時のブレイク具合を確認してください。


    リミットを10~15pipsを想定しながら見てください。



    ここで、再現性の高さだけを見てください。


    ストップや他の指標によるフィルターなどは考えないでください。



    これがスキャルピングの第一歩です。


    現時点では手動でラインを引きますが、いろいろな通貨で確認してください。


    15分足であれば、ZigZagを「8.5.3」で見てください。


    疲れるスキャルはしません。


    疲れないスキャルでないと継続できません。




    FX人気ブログランキング← 参考になりましたら、クリックお願いします。


    -----------------------------------------------------
    よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

    ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。

    個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。

    システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。

    -----------------------------------------------------
    FXCMUK以外のMT4チャートは、ODL、FXPro、TradingPointなどでもけっこうです。
    http://www.fxcm.co.jp/support/new_mt4.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

    FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。