スキャル用新インジ BOX Alert - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    スキャル用新インジ BOX Alert

    ■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
    ■まずはマニュアルをお読みください。


    -----------------------------------------------------

    大変お待たせしました。ようやく完成しました。


    インジケーター BOX Alert
    ab.jpg


    もみ合い時のボックス幅を事前に設定して、その幅内からの押し目、戻りブレイクのみアラートがなる、という仕様です。


    大変、時間がかかり、ようやく完成したものです。


    そして、スキャル、デイトレをメインの方々から、過去、最もリクエストが多かった仕様です。


    例えば、デイトレの場合、


    ZigZag パラメーター 30.5.3

    More Than 5

    Less Than 30


    この設定は、デイトレ用です。ZigZagラインをゆったり目に設定し、押し目買い、戻り売り時のボックス幅(ストップ幅)が30pips以内であればアラートを出す、というものです。



    例えば、スキャルの場合、


    ZigZag パラメーター 10.5.3

    More Than 5

    Less Than 13(15でもOK)


    もみ合い時のボックス幅(ストップ幅)が広い場合は、アラートが出ない、ということです。


    任意の設定幅内であればアラートを出します。


    これによる、ダマシ回避、中途半端なもみ合い時のエントリーをリアルに激減できます。



    「押し目や戻りラインのブレイクで、ストップ幅チェックを忘れて、つい入ってしまう。」



    こういうお問い合わせが多かったのですが、それが完全になくなります。


    スキャル、デイトレ共に押し目買い、戻り売りは発生します。


    その利確効率を数段アップさせるために、大変多くのリクエストをいただき、ようやく完成しました。



    直接講習を受講された方には無償でご提供いたします。お気軽にご連絡ください。



    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、直接講習をご検討ください。→



    デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
    是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


    -----------------------------------------------------
    よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

    ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
    http://fxtrader.main.jp/break.pdf

    ※左クリックで対象を保存を選択してください。



    ■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


    ■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


    ■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


    ■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


    ■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


    ■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


    -----------------------------------------------------
    MT4チャートは、現在FXDDが安定しています。


      このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

    FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。