枚数を増やせる目安 - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    枚数を増やせる目安

    ■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
    ■まずはマニュアルをお読みください。



    あらゆるトレード情報中で、ダントツでルールであり、原点のトレードルールです。

    直接講習に事情で来られない方は、スカイプ講習(68,000円)をご検討ください。


    -----------------------------------------------------

    枚数を増やせることができるのは、安定感を継続することを自覚、認識することから始まります。


    単に一時的に獲得pips数が多くても、安定しなければ大きな損失につながります。


    安定感とは具体的に、


    1週間で50pipsの利確。これは最低ラインです。

    最低ラインですが、これが継続できれば枚数を増やせる、ということです。


    トレード時間の長短など環境は関係ありません。


    どのような環境であっても、1週間50pipsです。


    これを3週間連続して、初めて手応えを感じることができます。


    もみ合い対応やダマシ回避の基本もできていなければ残せない数字です。


    次に、毎週20%ずつ枚数を増やします。


    それでも最低50pipsを3週間継続できれば本物です。


    7週目からは枚数を倍増することが可能です。


    安定感が枚数増につながることが基本です。


    そして、安定感を保つためには、勝ち方を優先するのではなく、残し方を優先することです。


    残すとは、リスクを感じるエントリー、ダマシを避けるための見送り、それらをやらない、ということです。


    それらをやらなければ、残せる、という実感が必要です。


    それが、勝ちパターンや、ダマシパターンなど自然に身に付くことにつながります。


    最初から勝ち、勝ちを優先する人に限って、リスク管理が甘くなり、大きな損失を受けやすいという、決定的な統計が出ています。


    安定させるためのトレードを重視してください。


    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



    デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
    是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


    -----------------------------------------------------
    よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

    ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
    http://fxtrader.main.jp/break.pdf

    ※左クリックで対象を保存を選択してください。



    ■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


    ■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


    ■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


    ■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


    ■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


    ■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


    -----------------------------------------------------
      このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。