FX裁量の王道はラインブレイク - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    FX裁量の王道はラインブレイク

    メルマガなどの登録ではないのでお気軽にお申し込みください。
    計2通のご紹介のみです。
    → FXでどうしても勝ちたい方、勝たなければいけない方へ。
    →ユーロドルで大逆転したい方はぜひご覧ください。売買サインツールなど、全ての詳細をご紹介します。


    お申し込みいただいたインジケーターは、随時、発送しています。
    お役に立てるツールであることは間違いないので、ぜひ、真剣に取り組んでください。
    ご質問は随時受け付け中です。


    裁量トレードは、ラインブレイク時のエントリーが最も有効です。

    その条件は先日ご紹介しましたが、下記の内容です。

    ①どこを始点に、どうラインを引くか?
    ②どういう時に見送るか?
    ③利食いとストップは?
    ④ラインブレイク時をどうやって知るか?


    高値ポイントを結ぶレジスタンスの場合、どことどこを結ぶか。
    安値ポイントを結ぶサポートの場合、どことどこを結ぶか。



    この目安にするのは、MT4インジケーターのZigZagというものです。

    目立つ高値安値をラインで表示されます。

    分足など短い足の場合、高値安値ポイントが非常に多いため、ラインを引いても、ダマシだらけです。

    これも絞らなければなりません。そのために・・・・


    ZigZagのパラメーターを変えて、高値安値ポイントを減らすことが第一歩になります。

    つまり、目安になる高値安値ポイントを絞ることができるのです。



    これはユーロドルに限らず、ポンド円、ユーロ円などにも活用できます。


    1分足や5分足の場合、今日と二日前の約三日間の中で、一番高と二番高を結びます。(レジスタンス)
    そして、一番安と二番安を結びます。(サポート)

    また、一番高(一番安)はあっても、二番高(二番安)ができていない場合は、一番高(一番安)の一点だけで、横線を引くことになります。

    line.jpg

    ストップは、レジスタンスブレイク(買い) → 直前のZigZagの安値ポイント。

    サポートブレイク(売り) → 直前のZigZagの高値ポイント。



    エントリーの時は、その前にストップの幅がわかっているので、ストップ幅が広ければ見送りです。

    例えば、V字回復など急反発時は、伸びている最中に買いを入れても、高値掴みで終わってしまうことはよくありませんか?

    この場合でも、事前にストップ幅(直前のZigZagの安値ポイント)が大き過ぎる確認をしていれば、そのエントリーはリスクが大きいと判断して見送りになります。


    利確設定は、1分足、5分足で20~30pipsくらいを狙いますので、ZigZagによるストップ幅が30pips以上ある場合は、見送りが有効になります。


    引いたラインに値が来ても、チャートを監視しなければなりません。これはかなり疲れます。

    そのため、ラインに値が来たら「音」で知らせるインジケーターがあります。

    brakeというインジケーターです。

    これも、売買サインツールに同梱しているので、ぜひ、使ってください。

    kitakatas.gif
    このエントリーをはてなブックマークに追加 ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

    FX人気ブログランキング← 参考になりましたら、クリックお願いします。

    にほんブログ村 為替日記← 参考になりましたら、クリックお願いします。

    FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。





    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://fx5candle.com/tb.php/44-462a2816

    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。