複数の基準足の縦軸を表示できるインジケーター - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    複数の基準足の縦軸を表示できるインジケーター

    ■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
    ■まずはマニュアルをお読みください。


    -----------------------------------------------------
    いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

    スカイプ、直講習受講者の方は、ご登録お願いします。
    お名前はフルネームでお願いします。

    メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

     


    ※既に登録済みの方は、登録できませんが、随時ご案内するのでご安心ください。

    ------------------------------------------------------------------

    すみません、毎日、更新はできていませんが、
    できる限り短サイクルで更新しますので、ぜひご登録お願いします。


    毎週の動画配信を開始しました。(年額2万円のみ)

    ロウソクトレードを順張り、逆張りに活用し、大きな利益を積み上げている方などの動画も新インジと共にご紹介していきます。
    ----------------------------------------------------------------

    710euj.jpg

    新しいインジケーターの検証中ですが、問題なく稼動しています。

    例、ユーロ円15分足に、15分、30分、60分、240分のレジサポを表示させながら、更に任意の時間足(図は15分、30分、60分)のペア確定時の縦軸が表示されます。

    従来は、一つの通貨に一つの基準足の縦軸しか出せませんでしたが、多通貨、複数の基準足(3種まで)を同時に表示させることができます。

    図のように、60分の右下の売り場、30分(15分も)の右下の売り場を一つのチャートで確認することができます。

    ユーロ円だけでなく、ポンドドル、オージードルなどのチャートにも同時に稼動させることができます。

    現状では、

    レジサポは、CANDLE-RS-LINE

    複数の基準足の縦軸表示 RST(検証中) の組み合わせによる稼動です。

    こちらも配布準備完了次第、送りますので、ぜひご活用ください。


    ご覧いただきありがとうございました。



    為替・FX ブログランキングへ


    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



    デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
    是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


    -----------------------------------------------------
    ■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


    ■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


    ■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


    ■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


    ■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


    ■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


    -----------------------------------------------------
      このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。