もみ合いの定義 - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    もみ合いの定義

    人生に奇跡を起こしたい方のみ下記よりご登録ください。
    確実に有益な情報のみお送りします。


    ■□■→ FXロウソクトレードで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□唯一、本物のトレード手法です。
    ■ぜひ、じっくり取り組んでみてください。


    当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。
    散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。

    ---------------------------------------------------------

    FX人気ブログランキング

    もみ合いの定義は、ロウソクトレードを学んだ方であればご存じの通り、

    崩れです。

    買いも売りも連続で崩れれば、もみ合い決定の判断となります。

    この部分を更に視覚的に判断できるように、新たな定義を付けることにしました。

    もみ合いの定義とは

    ZigZagの山が二つ、もしくは、谷が二つ確定すること。

    その山、もしくは谷の高値、安値の幅が任意のpipsであること。



    シンプルに、接近しているZigZagの2つの山、2つの谷をもみ合いの条件と定義することがベストと判断しました。

    この状況では、陰線、陽線がほぼ交互に出来ていることは誰にでも確認できることであり、

    それらの陰線、陽線のロウソク足は、実体よりも串の形が多いことも容易に確認できるはずです。


    もみ合いの定義
    momi1.jpg

    パラメーター設定
    momi2.jpg

    ①マルチタイムなので、任意の時間軸のもみ合い状況を表示させることができます。
     例えば、15分チャートに15分のもみ合い状況を表示したい時は、15と入力します。
     15分チャートに5分足のもみ合い状況を表示したい時は5と入力します。

    ②ZigZagのパラメーター(3つ)を入力します。目先のもみ合いを早期に確認するために、3,2,1の設定がお勧めです。

    ③上図のX軸の設定です。この場合のXとは、2つの山、もしくは2つの谷ができるのに、何本のロウソク足でできるかの設 定になります。例えば、15分足のもみ合いを表示させる時に2時間以内に2つの山、もしくは2つの谷ができる設定であ れば、8(15分で8本=120分)と入力します。
     通常のデイトレであれば、「0」設定でもOKです。

    ④Y軸の設定です。2つの山ができた時の、高い山の値とその時の安値の谷の幅のpipsになります。
     通貨によってボラの差があるので、ドル円であれば20。その他の通貨は30の入力がお勧めです。
     ここの設定がもみ合い確認の核になるポイントになります。

    ⑤もみ合い表示が確定した時(2つの山、もしくは2つの谷)に、次のもみ合いまでに何本のロウソク足の間隔を空けるか の設定です。短時間のもみ合い、長時間のもみ合い、があるので、連続のもみ合いを想定するのが安全なので、ここの 設定は、「0」がお勧めです。0は、間隔を空けずに連続したもみ合いを表示する設定になります。


    もみ合いの表示(青い四角)が確定した時は、アラート、メール送信が選択できます。

    エントリー対象時にもみ合い表示があれば、エントリーを見送り、

    ポジション保有後に、もみ合い表示が出れば手仕舞いする。

    これらを視覚的に判断できるツールになります。


    修正と検証は最終段階なので、数日お待ちください。

    どうぞよろしくお願いします。




    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



    デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
    是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


    -----------------------------------------------

    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。