fx 成功するための思考 - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    fx 成功するための思考

    人生に奇跡を起こしたい方のみ下記よりご登録ください。
    確実に有益な情報のみお送りします。

    ■□■→ FXロウソクトレードで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□唯一、本物のトレード手法です。
    ■ぜひ、じっくり取り組んでみてください。


    当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。
    散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。

    ---------------------------------------------------------

    FX人気ブログランキング

    FXに限らず、株、先物、不動産などの投資は、決してギャンブルではなく、投資です。

    と、当ブログでも繰り返しお話ししていましたが、

    投資とギャンブルの違いは何でしょうか?

    ルールの有無です。

    ただし、ギャンブルでもルールを決めていれば投資になることも実証されています。

    競馬でもパチスロもそうです。

    統計、確率論が当てはまります。

    株やFXもルールなく、テレビのニュース程度で売り買いしていれば、それはギャンブルです。

    手仕舞いルール、損切りルールがなければ、ギャンブル決定です。

    ギャンブルは絶対に、100%勝てません。勝てないようになっているシステムだからです。

    FXで勝てない人も、ギャンブルで勝てない人の思考にそっくりです。

    競馬を、本命、中穴、大穴に分けるとします。

    FXを、小ブレイク(5~10pips)、中ブレイク(30pips前後)、大ブレイク(100pips以上)とします。

    FXの小ブレイクメインであれば、高い勝率が必須です。

    大ブレイク狙いであれば、低い勝率でも、1回のプラスで取り返すこともできます。

    例えば、競馬であれば、勝率(的中率)よりも回収率を重視します。

    本命狙いだけでは儲からないからです。

    ギャンブルであっても、投資であっても、儲けなければ意味がありません。

    儲けるために、何を重視して、どのような攻略を作り実践するか、です。

    競馬で財を成し、余裕で生活している人が重視しているのは、普通の人が買う馬をはずす思考です。

    人と同じでは勝っても儲からないことがわかっているからです。


    FXもそれと共通点は多いです。人と同じ思考では勝っても儲かりません。

    儲け方は二つしかありません。

    一度に大きく儲けるか、継続して利益を積み上げるか、いずれかです。

    こちらで後者を勧めることができるのは、相場の流れが大きく二つしかないからです。

    ブレイクともみ合いの二つで成り立っていることです。

    そして、100%と言っていいのが、もみ合いの後には、大中小、いずれかのブレイクが必ず来る、ということです。

    これを狙うことがギャンブルではなく、投資である、という根拠であり、ルール作りの根底とも言えます。

    小ブレイクはスキャル、中ブレイクはデイトレ、大ブレイクはスイング、、、、


    中ブレイク狙いをメインにできるのも信頼できるルールとツールが揃っていることが前提です。


    全ては勝つだけでなく、儲ける、ということが最大の目的になります。


    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



    デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
    是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


    -----------------------------------------------

    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。