fx売買サインツールによるサイン配信 Q&A - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    fx売買サインツールによるサイン配信 Q&A

    人生に奇跡を起こしたい方のみ下記よりご登録ください。
    確実に有益な情報のみお送りします。

    ■□■→ FXロウソクトレードで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□唯一、本物のトレード手法です。
    ■ぜひ、じっくり取り組んでみてください。


    当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。
    散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。

    ---------------------------------------------------------

    FX人気ブログランキング

    決してトレード環境が良いとは言えない受講者の方の配信成果は、

    9月に入って昨日16日までの成果は、プラス262pipsです。

    これについて、いくつかのご質問のご回答をご紹介します。

    配信者ご本人のご回答です。

    Q,抜群の方向性を示したサインですが、利食いポイント、ストップ目安の基準はサインと共に明記している内容と全く同ルールですか?

    はい、そうです。あくまでも、そのルールの沿ったトレードです。

    Q.お蔭さまで利益が安定してきたのですが、どんな点に注意して日々、トレードしていますか?

    60分と240分の抵抗ラインは、ZigZag-rsで表示しています。
    この二つのラインは以前から、とても強く意識しています。
    エントリー時、直近にあれば、エントリーをラインより上にずらしたり、
    複数のラインが接近していれば、エントリーは見送ってます。


    Q.どの通貨が配信のメインですか?どちらのMT4ですか?

    今、現在は、どの通貨もボラがあるように思っているので、

    クロス円であれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円。
    ドルストであれば、ユーロドル、ポンドドル、オージードルがメインです。

    MT4はXMをメインにしています。

    Q。配信サインは大変参考になっています。時間制限ではルール通り、いったん降りてますか?

    はい、必須のルールとして厳守してます。
    ほぼもみ合い中なので、小さい傷で降りてます。もちろん小さいプラスで降りることもあります。
    もみ合い後にそのもみ合いの上値、下値からのレンジブレイク狙いに絞り、あらためてポジションを取ることはあります。
    これについては、大きくブレイクする可能性もあり、成行きでは出遅れやすいので、配信はしていません。

    配信時から受信までタイムラグはどれくらいでしょうか?

    これは通信状況にもよりますが、数十秒と思います。(私自身で試した結果)


    Q.配信以外でもトレードされてますか?

    はい、成り行き売買メインで配信していますが、
    レンジが続き、ブレイク狙いの逆指値配信はしていません。
    その他、ボックス幅が10pips強で、小さめの時のサインは送っていません。
    そのため、実質のパフォーマンスは、9月の現時点で、408pipsくらいの成果になっています。

    抵抗ラインはエントリチャンスでもあり、
    ポジション取り時のリスクを回避してくれる大変重要なラインということを、何度も繰り返し伝えていただいたことで、
    現状の利確の安定感が保つことができています。


    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



    デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
    是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


    -----------------------------------------------

    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。