fx MT4チャートを本口座でトレードしている方へ - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    fx MT4チャートを本口座でトレードしている方へ

    人生に奇跡を起こしたい方のみ下記よりご登録ください。
    確実に有益な情報のみお送りします。

    ■□■→ FXロウソクトレードで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□唯一、本物のトレード手法です。
    ■ぜひ、じっくり取り組んでみてください。

    当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。
    散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。

    ---------------------------------------------------------

    FX人気ブログランキング

    売買サイン配信、サインツールをご希望の方は、下記よりお申込みください。

    こちらからお願いします。

    配信サインは

    高い水準で安定してます。そして、これは継続します。

    理由は、開発者が継続している。開発者が伝えた受講者も継続しているからです。

    配信サインがメインではないんです。

    ロウソクトレードのロジックを学び、学んだ直後の迷いを軽減するためのサイン配信です。


    時間制限ルールの凄さは既に体感されていると思います。

    MT4をお使いの方であれば、例えば、EAでリミット30、ストップ30(但し、後は手動で損小へ)

    そして、時間制限によるロウソク本数での決済。

    これをEAにして欲しい。これが実現すれば、私でも月500残せる自信があります。

    時間制限さえEAで自動本数決済してもらえれば、解決できると確信しています。

    という声も多数いただいています。このEA完成まで少しお待ちください。



    エントリーラインに対して、3つの動きです。3つしかありません。

    1、利確

    2、強いラインのため、ライン絡みでのもみ合い。時間制限で降りる。

    3、そのまま逆行による損切り

    この3つしかありません。

    日によっては、3のそのまま損切りの場面もあります。

    しかし、ロウソクトレードのルールにおいては、1、2が圧倒的に多いのです。

    だからこそ、高い水準の利益が残せるのです。

    その繰り返しがもたらすのが、枚数増です。

    既に、サイン配信を受けている方は、これらの統計を確認してください。

    8割以上は1,2であることを。

    そこを丹念に統計を出してください。

    枚数増、専業、独立、、、、、そこにつながります。

    ブレイクとは大中小ありますが、日々は中小のブレイクです。

    ポンド円 30、それ以外は20の利確。

    4時間ペアも重なれば、ポンド円は50は狙えます。


    ラインロウソク足ペアの関連はブログで図にしています。

    単に当てはまるペアのみ本エントリー対象にするだけのことです。

    難しく考えないでください。ペアを丁寧に選別するだけのことなんです。

    受講者の方は責任を持って、独立、専業トレーダーとしてサポートします。

    スカイプ、メール、何なりとご連絡ください。

    できる限り、夕方時間でお願いします。



    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



    デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
    是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


    -----------------------------------------------
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。