fx トレード前に確認するべき事 - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    fx トレード前に確認するべき事

    人生に奇跡を起こしたい方のみ下記よりご登録ください。
    確実に有益な情報のみお送りします。

    ■□■→ FXロウソクトレードで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□唯一、本物のトレード手法です。
    ■ぜひ、じっくり取り組んでみてください。

    当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。
    散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。

    ---------------------------------------------------------

    FX人気ブログランキング

    売買サイン配信、サインツールをご希望の方は、下記よりお申込みください。

    こちらからお願いします。

    1月の成果は、+1090pipsでした。

    2月の成果は、+1055pipsでした。

    3月の成果は、+1245pipsです。

    4月の成果は、+1175pipsです。

    5月の成果は、+1090pipsです。

    6月の成果は、+1415pipsです。

    7月の成果は、+950pipsです。

    8月の成果は、+1250pipsです。

    9月の成果は、+1090pipsです。(9/16現在)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    チャートを起動し、まず確認していることはなんですか。

    今、目の前の値動きが、

    下落中、

    上昇中、

    もみ合い中?

    この中のどれなのか、確認します。しなければなりません。

    わかりやすく下がってるから、上がってるから、という理由で飛び乗る人は必ず失敗します。


    上昇中、下降中で仕掛けることはありません。

    ストップ幅が広いことが多い、反転するとスピードが速くそのまま損切りにかかりやすい等、

    リスクが高いためです。


    仕掛ける基準は、「今、もみ合っている状態」であることです。

    もちろん、もみ合い中にポジションを取るのではありません。

    もみ合いからのブレイク、レンジブレイクを狙うための基準です。


    918gbb.jpg

    下落中のポンド円は、今は、手を出しません。もみ合えば対象になります。

    もみ合い中の通貨であれば、上値(青)、下値(赤)をペアブレイクすればエントリー対象になります。

    強い抵抗ライン(4時間、前日前週髙安など)は、全てエントリー対象です。

    それらと同様にもみ合いの上下値も強い抵抗ラインに入ります。

    現状がもみ合っていれば、そのレンジを確認します。(ZigZagの山谷にラインを引く感じです。)

    そして、そのもみ合いが上位足ではどういうペアが出来ているのか、ロウソク足の数を減らして見やすくします。

    1時間や4時間でも同方向のペアブレイクであれば、通常よりも利幅を狙うことを考慮します。

    もみ合ってから入る、もみ合ってからブレイクを狙う。

    これが基本です。


    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    日々、リアルに登場しているサイン(水色矢印)に強い信頼度を持ってトレードしてください。

    sig1.jpg


    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



    デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
    是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


    -----------------------------------------------
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。