本日のFX(ユーロドル)の動き 15分足 訂正 - FX 売買サイン ロウソク足トレード

    本日のFX(ユーロドル)の動き 15分足 訂正

    ■□■→ ユーロドルで大逆転したい方はぜひご覧ください。
    ■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
    ■まずはマニュアルをお読みください。

    -----------------------------------------------------------

    お申し込みいただいたインジケーターは、随時、発送しています。
    お役に立てるツールであることは間違いないので、ぜひ、真剣に取り組んでください。
    ご質問は随時受け付け中です。


    15分足の場合、エントリーを絞っている分、短期スイング的な売買サインになっているのがわかると思います。ここで注目して欲しいのは、平均足です。

    ユーロドル 30分足  訂正 30分足の図を出していました。すみません。
    90815.jpg

    ユーロドル 15分足
    90915.jpg


    平均足の陰線、陽線が売買サインのように色分けされてるのがわかると思います。

    もし、売買サインがなかったら・・・・・。

    平均足とラインブレイクだけで利益を残せるか?

    もちろん検証実践しています。

    買い・・・平均足陽線とレジスタンスブレイク(売りはしない)

    売り・・・平均足陰線とサポートブレイク(買いはしない)



    リミット50pips、ストップ(直近のZigZagを見て30pips内)
    ※ストップ幅が30pipsを大きく超えるようなら見送り。



    このルールは15分足のものですが、月間平均500pips軽く残せるので、検証実践お願いします。^^
    15分足は短期スイング的な売買サインであっても、ラインブレイクの裁量取引は日々あります。

    売買サインがあれば、更に強力なフィルターが加わるので、利確効率が当然アップします。

    誰でも同じように、迷いなく、わかりやすい判断が「音」「サインメール」「色」でわかるので、ラインを引いた後でも「迷い」はないはずです。検証時は考えず、迷わず、事務的に淡々と繰り返してください。


    既にマニュアルを読んでいただいた方へ

    とにかく複利のために、月間300pipsを残す(死守)することを目的のように紹介していますが、実際には月間300pips、600pipsどころではないんです。

    というか、300pipsくらいなら、15分足で月間数回の売買でクリアなんです。

    ですから、まずじっくり検証しながら、検証中に大きな目標を立てて欲しいんです。

    本職が忙しく、あまりチャートに向かえない人ほど、焦らず、いいチャンスを待ってください。

    あまりチャートを見れない方ほど、平均足、ブレイクライン、売買サインの3つをフィルターにして、鉄板ポイントだけを売買している方も多数います。しかも増額取引の波に乗っています。

    自宅に帰ってチャートを見て、いいポイントを逃していても決して焦らず、次のチャンスを待ってください。

    VPSサーバー(24時間可動)をレンタルして、リモート接続で、MT4チャートをスマートフォンでチェックしながら、こっそり会社でトレードしている方の話もよく聞いてます。^^


    次回は、自動でブレイクラインを引くインジケーターの説明をします。


    インジケーターをお持ちの方で、各パラメーター設定でわかりにくい点があれば、ご連絡ください。


    FX人気ブログランキング← 参考になりましたら、クリックお願いします。


    kitakatas.gif
      このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

    にほんブログ村 為替日記← 参考になりましたら、クリックお願いします。

    FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://fx5candle.com/tb.php/68-c04f0ca4

    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 売買サイン ロウソク足トレード All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。