FC2ブログ

    FX 4時間足確認は重要です。 - FX MT4で鉄板トレード、初心者だから勝てるルール、ツール、トレードノウハウ。

    FX 4時間足確認は重要です。

    ■□■→ FXロ鉄板トレードは週利で増やすのが目的です。
    ■□再現性の高い売買サインツールです。
    ■裁量は入れないでください。



    当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。
    散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。

    ---------------------------------------------------------
    売買サイン配信、サインツールをご希望の方は、下記よりお申込みください。

    → こちらからお願いします。

    ぜひご覧ください。→ https://fx25.jimdofree.com/
    semituzl.jpg


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ↓↓クリックお願いします。m(__)m

    にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
    にほんブログ村

    FX基本 ロウソク足トレード 動画集

    https://www.youtube.com/user/fxkuma55/videos



    買う時は陽陰から。

    売る時は陰陽から。 これは基本です。



    1,2年の間に劇的に変わる可能性は確かにあります。


    このEAによる決済は5種類あります。
    既にツールをお持ちの方は、特値でご提供中です。→ こちらへどうぞ

    シンプルなルールなら、頭で理解するのはそれほど難しいことではありません。

    問題はイメージ通りに実行できるかどうか、です。

    再現性が高いルールでも、実行できなければ宝の持ち腐れになってしまいます。



    例えば、先週、先々週のポンド円4時間足の方向性に合わせた分足のデイトレでマイナスになったでしょうか?



    週ベースで容易に100pipsを維持できることがわかります。

    後で見たらそうですが、、、、実際にやると上手くいかない、、、

    だいたい、この二つに絞られると思います。

    後で見ても、ライブで見ても同じです。

    何故なら、ロウソク足が基準だからです。

    4本値はだましも嘘もありません。真実あるのみです。



    実際にやる前に、上位足の方向性を見ていますか?

    見ていなければ目線はブレます。

    ブレるから上手くいかないのです。



    100年に1度の大変化があると言われて、実際に世界は大きく揺れています。

    日本も決して平和とは言えません。北海道の土地は10分の一は外資に買われています。


    年末年始、2020年は更に大きな変化があります。


    いつまでもブレている訳にはいきません。


    インジは進化しても、基本ルールは変わりません。


    普通に基本だけ守ってる方はこの数年で大化けしています。

    ネット上で大きくあおって、大儲けできるセミナーで騙されている方は後を絶ちませんが、

    このルールでご自身を大きく変えている方は多数います。



    その根拠が4時間足だからです。それさえすれば、負けないからです。



    4時間を見ている方は実現できています。


    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    日々、リアルに登場しているサイン(水色矢印)に強い信頼度を持ってトレードしてください。


    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。

    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、直接講習をご検討ください。


    #FXブログ #FX初心者 #FXデイトレ #FXシステム #FX売買サイン
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX MT4で鉄板トレード、初心者だから勝てるルール、ツール、トレードノウハウ。 All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。