FC2ブログ

    FX初心者でもできるスキャル - FX MT4で鉄板トレード、初心者だから勝てるルール、ツール、トレードノウハウ。

    FX初心者でもできるスキャル

    ■□■→ FXロ鉄板トレードは週利で増やすのが目的です。
    ■□再現性の高い売買サインツールです。
    ■裁量は入れないでください。



    当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。
    散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。

    ---------------------------------------------------------
    売買サインツールをご希望の方は、下記よりお申込みください。

    → こちらからお願いします。

    ぜひご覧ください。→ https://fx25.jimdofree.com/
    semituzl.jpg


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ↓↓クリックお願いします。m(__)m

    にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
    にほんブログ村


    FX初心者でもできるスキャル

    FXスキャルツール →こちらです

    スキャルは特別なルール、特別なスキルが必要と思っている方が多いです。

    これは、メディアなどで高速スキャルを駆使した個人投資家が取り上げられた時からです。

    株取引が多かったですね。多数の銘柄から瞬時に選び、注文、決済、これを短時間に何度も繰り返します。
    これがスキャルである!と思った方が多かったと思われます。

    特に日本では個人投資家のトレード文化が浅いので、定義が曖昧なものが非常に多いです。

    トレードは、デイトレ、スキャル、スイング、いずれも基本は同じです。

    スキャルだけ特別なことはありません。

    エントリー対象の時間足、利幅が違う程度です。

    スキャルは逆張り的な入りが多いので、小さな利確で決済します。

    ポンドなら10~15pips

    ドル円なら5pips以下が利食い目安です。


    エントリーポイント
    trs.jpg

    ★がエントリーです。

    これに対してストップ

    買いポジに対して、直下のひげあり陰陽がストップ

    売りポジに対して、直上のひげあり陽陰がストップ


    青と赤の斜線はインジで自動表示します。

    斜線の角度がある方が落差があり、戻りを狙いやすい関連があります。

    斜線が水平に近いようであれば、それはもみ合い中であることがわかります。

    よく半値戻し、と言いますが、スキャルなので、そこまでの戻りを待つことはありません。

    スキャルで入って、そのポジションを継続する場合は、デイトレとしての条件が揃った時です。

    例えば50pipsの落差があった場合の戻りは30%であり、30%以内の利食いで終えるのがスキャルです。


    1127ea2.jpg

    1128ea1.jpg

    1128ea2.jpg

    1128ea3.jpg


    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    日々、リアルに登場しているサイン(水色矢印)に強い信頼度を持ってトレードしてください。


    迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。

    ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、直接講習をご検討ください。


    #FXブログ #FX初心者 #FXデイトレ #FXシステム #FX売買サイン
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX MT4で鉄板トレード、初心者だから勝てるルール、ツール、トレードノウハウ。 All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。